七宝山クリーンハイク Ⓑ不動の滝コース 2020・6・14(日)  

「山の自然を守ることは、私たちの登山のグランドを守り、次代に引き継ぐ大事な活動です。これは登山者が果たすべき大切な役割です。」と労山自然保護憲章に書いています。
それでは、私たちもトレーニングで登らせてもらっている七宝山を綺麗にするぞ!と例年通り清掃登山を実施することにしました。
今回は、コロナの関係で3密にならないように3コースⒶ稲積神社Ⓑ不動の滝Ⓒ吉津峠に分けて行いました。梅雨の合間の蒸し暑い中みんなよく頑張りました。(^^♪

不動の滝から車で天空の鳥居へ向かう道にはペットボトル、菓子袋などポイ捨て塵がいっぱい。


開運の鳥居に来てなんでゴミ捨てる??

七宝山頂上(つづ)に向かう稜線に出た。ゴミ袋持ったまま荘内半島の美しさに見とれました。


宮池登山口に下る登山道に山法師が見事に咲いていました。

8:00  不動の滝カントリーパーク
10:30 七宝山頂上(つづ)
11:30 宮池登山口
※ごみは各自持ち帰りました。

(M.Y)

2020年6月14日

粟島 城山 散策 6月6日

7時に詫間集合 7時25分の船で粟島に向かう

ちょっと雲つているが まっ 大丈夫でしょ。。

船の中でも マスクは必須!!

粟島に到着 ガイドマップを見て確認 ((o(´∀`)o))ワクワク

ここからスタート

瀬戸芸もあったりで 丁寧な看板

竹林の間を通り 二合目、三合目と案内を見ながら もうすぐ頂上

山頂の見晴らし台 360度見えるには見えるが 薄曇っていて

よく言うと 幻想的 (@_@)

次の阿島山に向かうが 入口が恐るべく閉ざされている 大丈夫かいな (;>_<;)

と お昼には早いし 船は2時半 海を見ながらしばし休憩する事に

破こぎを覚悟で いざ 突入。。。 が 案外 行けた。。。

 

三十三観音様を数えながら 景色も無く あまり面白くない道~~ 😑

頂上まで行けば瀬戸内の島々が見えるとあるが どっから 頂上に向いて行くのかわからないまま、、

何とか回って 砂浜に ここで お昼  山に来て 海でお昼~~。

さて 今日の予定は終わり 観光やなぁ~

船までの時間があるので レンタサイクルを借りて もう一つの島を目指す

高校生に戻った気分で自転車・・・

山道になると立漕ぎ(Yさん 後ろからみるとカッコええんで) 60~70の爺・婆とは思わんだろうなぁ

お決まりの海洋記念館を見学させてもらって

十分に粟島を満喫できました。 \(^o^)/

(H.I)

2020年6月6日

讃岐山脈縦走 相栗峠~大滝山 2020年6月5日(金) 晴

この時期は、遠くに行けない為、以前より歩いていた。阿讃縦走にする事にした。香川県の西の端、観音寺市豊浜町箕浦~相栗峠まで歩いてので相栗峠から歩き始めた。

峠には、階段があります。朝は。温度が17度 少し涼しいです。

歩き初めから、ロープのある急登ある予定です

一気に200メートル登ります。ロープを工夫して負荷が掛からないようにしています。勉強になりました。もう、汗だくだくです(汗)

 

四国電力の鉄塔の横が平帽子山です。探しましたが、三角点は分かりません

コシアブラです。新芽の天ぷらは最高です。もう、大きくなりすぎです

テンナンショです。

この時期、もう、ツツジも終わり緑が一面です。

唯一、残っていたお花です💠

城が丸で昼食を済ませて大滝山に迎います。

城が丸の東屋

 

静かに大滝山に向かい 同じ道をピストンで帰ります。

最後の難所。苦しかった登りは、危険な下りになります。

緊張の連続でしたが、全員けがなく相栗峠に到着しました。これからの、山行は、暑さもあります。いい勉強になりました。帰りの久しぶり温泉は最高でした。

コースタイム
6:30 山本マルナカ
7:50 相栗峠
8:45 平帽子山
11:00 城が丸
11:34 大滝

13:45 平帽子山
14:30 相栗峠

(K.H)

2020年6月5日

中連寺~六地蔵

香川用水記念公園の方の林道の四国の道から中蓮寺、六地蔵をピストンという山行をしてきました。
天気予報ではこの日が最高のお天気マークこの日は行かなくちゃー
予報どおりで晴天、あさから、木漏れ日の光もきつく、まぶしいばかりでした。サングラスをかけ、日焼け止めを付けました。
最初の標高差五百メートルほどは急登ばかりで一気に汗が出ました。
中蓮寺の見晴らしからは観音寺市内や七宝山が見渡せました。
尾根の落ち葉でふわふわしたやらかい山道歩いているとをそよ風に吹かれ最高・・やっぱり山はいいな‥
ところで、山では2か所で迷いました(笑)だって仕方ないよな・・テープに従っていくと間違ったところに行くんだから・・テープが見えなくなって道らしきものがなくなりヤブばかりになって、おかしいなと?、・・GPSを見ると違っていることを発見、もっと右の方に尾根があるはず、と探すのだけれど、木が生い茂っていて、尾根が見えない。そこでまたもと来た道を登りかえして・・・この登りかえしが大変なこと・・・やっと、正規の道に戻りやれやれ。
帰りに、間違っている道しるべのテープをのけてきました。

登山口

登り始め

尾根沿いを歩いていると、赤い葉や新芽の緑がきれいでした。

六地蔵

ここを右に行って間違いました。左に行くべきだったのです。

2020年4月5日