観音寺あけぼの山の会

「多島美瀬戸内の山に登る」高見島竜王山 11月18日 

11月18日(月)晴れ  参加者 10名

コースタイム 

多度津港6:55―高見島港7:25-竜王山8:27-高見島港10:25(往復940円)

 多度津港6:55出港、瀬戸内芸術祭秋会期で盛り上がった高見島での山行。楽しみである。(船の乗り降りの注意点―下船したら、すぐ出発するので早くさっさと降りる。)

島に上陸すると、早速瀬戸芸の展示物の「キリン」に出会う。

登山口を確認し、いざ出発。    

侮ることなかれ。いきなりの急階段。その後急登が続く。しかも石ころ、落ち葉、小枝が散乱しなかなかの歩きにくさである。帰りの下りが心配される。九十九折の登山道にあえぎながら1時間程度で頂上。

頂上で記念撮影

ちょっと回ったところにある展望所からは、子亀・親亀のような子手島・手島、そして佐柳島が見える。

しばし、瀬戸内の多島美の美しさを楽しみ、途中神社により無事港に下山する。船の時間まで各々付近を散策。彼方に瀬戸大橋も見える。10:50には多度津港に帰る。その後、近くの情緒あるうどん屋さんで満腹になり、12時過ぎには観音寺に帰った。時間は短かったが充実した山行であった。たまには、こんな山行もいいなあ。瀬戸内にはたくさんの島がある。今回は、登山だけであったが、釣りや島ならではの食事などいろんな楽しみ方ができる。島にある山に登るという企画がこれから始まるかも。