個人山行 6月29日(土) 樫戸丸&高城山(徳島県)

汗がポタポタと落ちる。蒸し暑い。不快感指数マックス❗️そんな中、四国のヘソ、樫戸丸と高城山に登って来ました。

雲早トンネルを抜けて、剣山へスーパー林道へ。

ファガスの森『高城』

風の広場。ここから登ります。

途中、色々な花が一杯。

樫戸丸頂上。

頂上下にオオヤマレンゲの群生地。

続いて、高城山へ

アメダスレーダードームの横を通って。

高城山頂上。

ファガスの森でシカ(カレー)

地下足袋王子と記念撮影。

2019年6月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 編集者/I

平日例会山行 三嶺・西熊

6月21日(金)9人で車2台に別れ名頃から5人西山口から4人に別れて登り始める 天気もお昼くらいまでは心配無いだろう。

名頃からの方が西山口より登りがキツく無いだろうとのアドバィスで決めたが 登り始めはやっぱりキツく汗だくになった

久しぶりもあったのか 足に痛みを (靴も合って無いみたいだし 足がつる)でもなんとか山小屋までたどり着いた 赤い屋根もあっという間に霧に隠れてしまった

ここで足の処置をしてもらう どうりで、、皮がべろっと おまけに 足までつり出す始末

ヤバいと思い薬を飲んだのに、、

楽しみにしていた頂上も霧で面白くない

私の不調で反対から来るグループとなかなか会えないまま 合流してお昼を食べたのは12時を回っていたかな 

お昼を済ませまた別れて進む

初めて来た西熊山 なだらかな稜線を歩く

お亀岩 ここまでは稜線歩きだったがイザリ峠までの登り返しが  うーん キツイ!

リーダーのうそつきとか思いながらもこれを上がらないと帰れないもんなぁ

なんとか峠まで登り ここからは降るだけ と思うと足も軽くなった

もう少し がここで雨に降られカッパ装着!

なんとか16時下山出来た

西山口からのグループは 丘を超えてゆこうよ なんて歌いながら下山し お風呂にまで入った所で私たちと合流した

足を引っ張ってしまった 申し訳ないと思う私に 皆優しく対応 1人じゃここまで歩けなかった

ありがとうございました

2019年6月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 編集者/I

ハイキング口座 山の天気

ハイキング講座 第3回講義「山の天気・天気判断」
日時:令和元年6月18日(火)19:00~21:00
参加人数:受講生32人、スタッフ15人、計47人
講師:山下正文

 隙間なく埋まった部屋で、時間ピッタリに講義が始まった。今日は、「天気図を読んで山の天気を予想し、山行に備えることができるようになる」のが狙いの講義だった。講義は、自分たちとすれ違った別のパーティーが10月8日の立山で雪の中遭難した話から始まった。講師自らの体験談に、遭難を身近なものとして感じ、しっかり天気を判断して山行に臨まなければと身が引き締まる。
 気象の基本として、高気圧に低気圧、温暖前線に寒冷前線、雲の発生のメカニズム、雷の避難法、高度・緯度・風速による気温の低下の度合いなどを勉強した後、天気図からその日の気象状況を各自予想する練習問題をした。今年3月、大滝山で福山の男性が亡くなった時の天気図にもとづき学習した。東シナ海に高気圧が張り出し、低気圧は青森あたりとオホーツク海に二つある。これなら四国は晴れあるいは曇りでさして天気は悪くなかろうと思っていたら、講師曰く、高気圧と低気圧の差が40hPaあるから風が強いはずだ、とのこと。実際その日の高松の風速は17mだったそうで、天気図をいろんな方向から検討する難しさを知った。

 後半は、山行の数日前から天気予報をチェックし、入山前に気象判断をすること。山に入ってからは、雲や風・気温・展望の変化をパーティーみんなで観察し、共有すること。そして最悪の事態を想定して行動すること。また、山行中の脱水・熱中症・低体温症・高山病・高山での日焼けに対する予防・対処法を学んだ。
 最後に参考文献も紹介され、もっと勉強しようと思わされる講義だった。

2019年6月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 編集者/I

例会山行 6月8日・9日 平治岳と大船山

フェリーで3時間ほどの仮眠ののち行動となり、いまだ眠りから覚めない中であったが、朝5時登山を始めると、雨水にうるおされブナなどが茂り、オゾンに一杯包まれ、朝のひんやりとした空気で、緑の海の中を歩いているよう、
眠い中で、ぬかるんだ山道や岩場をブナ林や雑木林の中を標高差700mほど登ると、高い木はなくなり視界が一気に開け、平治岳や大船山の雄姿が眼前に見えてすごい。
大戸越で、小休憩
  まずは、平治岳から、
ミヤマキリシマはすでに最盛期を過ぎクタブレかけていた。でも、上に登ればまだまだ、拝観できるのではとの期待をし、のぼる。すると、登れば登るほど、そのつつじが朝露と日の光とを浴び、その神々しさを表して、その素晴らしさに心打たれました。
一旦、大戸越まで戻り、大船山を目指す、途中何にもない、狭い道を灌木に身体を引掛けられながら、スウスウハア言いながら苦戦して登ると
ここもミヤマキリシマの群落と周囲の山々の姿が見え、登り甲斐がありました。

木立をとおしての朝日

かくし水と言って、飲める水であった。

名前は分からないか ひっそり咲いていました

正面が三俣山

ヤマキリシマの群生

  • オオヤマレンゲ

平治岳山頂


2019年6月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 編集者/I

6月2日 七宝山クリーンハイク

今回は五十数名の参加で、吉津峠から高屋神社までの山道の清掃を行いました。
事務局長のあいさつ、香川県知事メッセージ代読、行動予定の説明の後、行動開始

薄曇りで、少し蒸し暑い中での作業でしたが、木ない峠に出たときは、風が吹き抜け気持ちのいいものでした。

山条山 別称トンギリ山
昼食
琴引公園と観音寺市街地

2019年6月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 編集者/I