観音寺あけぼの山の会

例会山行 平家平 2020年10月11日(日)

笹原の稜線歩きを堪能しようー、平家平交差縦走に18名が参加しました。

6:00事務所を出発し、高藪登山口(高知県)と別子登山口(愛媛県)を目指しました。心配していた台風は遠く離れましたが、西条市では小雨。しかし、寒風山トンネルを抜けると高知県側は青空がのぞく好天でした。

今回の山行実技テーマは「地図読み」。

8:00高藪登山口に到着、現在地と登山ルートを確認します。

薄いガスの中、樹林帯を進みます。

笹原に出ると急な登り、山頂まであとわずかです。

10:40平家平山頂。青空が広がり、眼下に雲海、赤石山系の山が見え隠れします。

山頂で別子登山口組と合流して地図読み、四方の山々を確認しました。

別子登山口への下りはじめは、笹の稜線歩きです。

地図上で現在地を確認するポイント、鉄塔下で地図を読みます。

三森峠からは荒れた林道を約1時間歩きます。

下り道の分岐点は注意が必要です。地図で確認します。

14:40別子登山口に到着しました。

先日事務所で勉強した地図読みも 実際の山で何度も繰り返し勉強したことで自分のものになったかと思います。

青空、雲海、色づきかけた木々、爽やかな空気の中、リーダーらの周到な準備のおかげで楽しい山行になりました。