ジオツアー4月13日

雨滝自然科学館

4月13日のツアーは雨滝山の森繁先生の説明によるジオツアーと佐藤勝彦先生のよる天体の話、山際寿一先生のゴリラの話でした。
そのなかでも森先生は
素晴らしい。この強い好奇心、なんと強い探求心だろう、
岩石の洗浄をとおし植物の化石やお魚の化石を鮮明にし、それから資料から調べ、生成過程の仮説を立てながら立証していった。そして世界最古のナマズの化石を発見されたので、ナマズ博士と呼ばれるようになった。
我々凡人にはまねることのできないような地道な努力の積み重ねの連続であったろうと思います。

科学館から見た西 高松方面
科学館から見た 南阿讃山脈
岩石の説明を受けながら雨滝山探訪
玉ねぎの皮をめくるように風化するので、玉ねぎ状風化と呼ばれている
津田の町並み
地殻の変動の説明を受けているところ
説明を受けている地形を分かりやすくするためのスケッチ図
2019年4月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 編集者/I