個人山行 愛宕山 11月30日

今の時期の紅葉 京都いぃよ~ぉの言葉に誘われ 参加してしまった

行くまでにちょっとハプニングがあったり なんか 行く前から大変やなぁ でも大丈夫やろ、、、

朝4時に出発 リーダーさん駐車場の事を思いずっと心配されてた(運だょ) バッチリ車も置け(^-^)v

もう終わりかけてはいるが 紅葉もキレイ 赤や黄色のじゅうたんの上を歩く

初めての道 (雲辺寺くらい?) いつ着くのかと、、 結構キツイ 汗びっちゃり

途中のお寺でかわいい鹿3に会う

「もうちょっと」「その先」に随分と騙されながら、、、(+_+)

下から見た時に山が白いと思ったら雪が降ったんだ

上の方に行くとうっすらだが雪景色 (今年初や)

愛宕神社では 御朱印ももらい 暖かい部屋で昼食を取り 神社を後にする

登って来る人の多さにびっくり (@_@) さすが京都 雲辺寺とはちゃうわ

落ち葉のじゅうたんを踏みながら保津峡駅を目指す

振り返って見る 愛宕山

駅が見えて来ると 川下りの舟

皆で手を降ってしまった

保津峡の紅葉 トロッコ列車など  観光やんね(^^♪

落合米買い道 歩きながら駐車場迄  (並んで<゜)))彡(魚)を探してたんだって)

帰りに念仏寺にお参りに行き


紅葉 見事だった

嵐山渡月橋の観光客の間を車で渡り嵐山でお風呂 ここで駐車料金無料だなんて(しっかり調べあげたリーダー)

紅葉が綺麗過ぎて 写真がいっぱい どれも最高なんて思ってしまう

色々調べて 私たちを誘ってくれたリーダー 知らない土地なんで
色々案内もしてくれた 感謝
お疲れ様 ありがとう

2019年11月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 編集者/I

個人山行 蒜山 11月24日

個人山行 蒜山 11月24日 11名参加
AM5:30事務所出発

途中霧が深くなる時もあって、お天気を心配しつつの移動

三座縦走組と分かれて上蒜山登山口へ

AM9:10予定より1時間ほど送れて出発

心配していたお天気も大丈夫そうで、想像していたよりも気温が高い

牧草地と紅葉のコントラストが本当にキレイ

なかなかの急登が続きますが、時々見える眼下の景色と冷たい風に癒される

そしてなんとか上蒜山登頂\(^-^)/

AM11:05 に登頂した頃に、三座組と無線連絡
既に中蒜山の手前だと言う
は。。。早い‼︎
流石です
気を取り直して中蒜山へGo!

中蒜山への下さいは、結構な高さの段差が続いて大変

AM11:45 下りを下りきったあたりで三座組の先輩達と合流‼︎
早いし、余裕な感じです!!ビックリ
みんなで記念撮影

PM12:20 中蒜山登頂!(@^^)/~~~

記念撮影をして、寒いので山小屋でお昼ご飯

PM 12:45 下山開始
行きとは違い、下界の景色が近づくのが早い、

下山するにつれて紅葉した木々が近いて、疲れも少し和らぐ

PM 2;20 下山
中蒜山登山口の紅葉にまたホッとする

上蒜山に下りた先輩達と合流してゆっくり温泉に浸かって
美味しい蒜山ジャージー牛乳とソフトクリームをいただいて帰りました

しんどいところもありましたが、キレイな景色も見られて、本当に楽しい山行でした(⌒‐⌒)

2019年11月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 編集者/I

「多島美瀬戸内の山に登る」高見島竜王山 11月18日 

11月18日(月)晴れ  参加者 10名

コースタイム 

多度津港6:55―高見島港7:25-竜王山8:27-高見島港10:25(往復940円)

 多度津港6:55出港、瀬戸内芸術祭秋会期で盛り上がった高見島での山行。楽しみである。(船の乗り降りの注意点―下船したら、すぐ出発するので早くさっさと降りる。)

島に上陸すると、早速瀬戸芸の展示物の「キリン」に出会う。

登山口を確認し、いざ出発。    

侮ることなかれ。いきなりの急階段。その後急登が続く。しかも石ころ、落ち葉、小枝が散乱しなかなかの歩きにくさである。帰りの下りが心配される。九十九折の登山道にあえぎながら1時間程度で頂上。

頂上で記念撮影

ちょっと回ったところにある展望所からは、子亀・親亀のような子手島・手島、そして佐柳島が見える。

しばし、瀬戸内の多島美の美しさを楽しみ、途中神社により無事港に下山する。船の時間まで各々付近を散策。彼方に瀬戸大橋も見える。10:50には多度津港に帰る。その後、近くの情緒あるうどん屋さんで満腹になり、12時過ぎには観音寺に帰った。時間は短かったが充実した山行であった。たまには、こんな山行もいいなあ。瀬戸内にはたくさんの島がある。今回は、登山だけであったが、釣りや島ならではの食事などいろんな楽しみ方ができる。島にある山に登るという企画がこれから始まるかも。

2019年11月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 編集者/I